カードローンの審査に関係する総量規制とは何か?

カードローン用語に「総量規制」というのがあります。

あまり聞きなれない言葉ですが、カードローンで借入をしようと思っている人は絶対に知っているべき言葉です。

この総量規制ですが、簡単にいうとお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りることができないということです。

急にお金が必要になり、カードローン 即日で借入をしたいと思っても、すでに年収の三分の一まで融資を受けている状態だと、一般のカードローンの借入は難しくなってしまうということです。

 

借入の種類について

 

借入の契約には種類があります。

個人向け貸付け、個人向け保証、法人向け貸付け、法人向け保証の4種類あります。

総量規制の対象になるのは、個人向け貸付けのみです。

つまり個人がお金を借りることです。

個人と行っても事業のための資金として借り入れる場合は例外になります。

また、不動産購入のためや、自動車購入時の自動車担保貸付けなども総量規制から除外されます。

カードローン会社は申込みがあったら、個人使用情報より申込者が他の業者から借入を行っているかどうかを調査します。

年収の3分の1までしか借入ができないので、もちろん他の業者からの借入金額も合算されます。

 

総量規制の例外

 

例外もあります。

既に年収の3分の1を借入をしている場合でも、カードローン会社が越える部分について返済の能力があると判断すると借入ができます。

例としては、医療費の貸付などです。

既に年収の3分の1を借り入れていても、緊急に医療費が発生した場合などは例外として借入ができる場合があります。

また夫婦共稼ぎの場合は、二人の年収を合わせた額の3分の1以下になるのでその点もうまく利用することができます。

 

銀行系のカードローンの場合は、この総量規制の対象外になっているのものあります。

その場合は、すでに借入金額が年収の三分の一を超えていても融資が可能となる可能性が高く、また金利も消費者金融系と比べて低く抑えられているケースがありますので、もしどうしても借入をしなければならない場合は、総量規制対象外のカードローンを申し込んでみるのも一つの方法です。

 

いずれにせよ、借りたお金は返済の義務があるのですから、自分の返済能力をしっかりと見極めたうえで計画的に借入を考えるようにしましょう。

 

楽天銀行のスーパーローンを検証する

この銀行のカードローンは、スーパーローンとの名称で、他にはあまり見られない特徴があります。

その1つが、金利の低さです。

楽天銀行のスーパーローンの金利は、年4.9%からで、下限の金利が5%を割り込む金利水準は、大手銀行カードローンでもこの下限金利水準にはかないません。

2つ目の特徴は、いわゆる「おまとめローン」にも最適であるということです。

楽天銀行のスーパーローンは、先述のように金利水準が低いので、大口融資で債務をまとめるのに適するカードローンと言えます。

3つ目の特徴は、限度額が500万円と、余裕の金額設定となっていることです。

楽天スーパーローンは、銀行カードローンなので、限度額500万円と言う大きな金額までの設定が可能です。

4つ目は、インターネットで24時間借り入れ、返済が可能であることです。

楽天銀行はオンライン口座なので、その長所を活かし、楽天スーパーローンは、いつでも借り入れと返済ができる特徴があります。

これらの特徴に加え、楽天スーパーローンを利用すれば、楽天スーパーポイントと言うポイントがたまるサービスもあります。

このサービスは、利用残高に応じて、楽天のスーパーポイントがたまる仕組みです。

 

収入証明書が不要になるケースも!

 

また、限度額100万円以下の契約者を対象にした人に限り、収入証明書のご提出が 原 則 不 要 となって言います。

カードローンの申し込みで一番気になるのがこの書類提出ですが、楽天銀行スーパーローンではこれが要らないので、とても利用しやすいカードローンと言えます。

最後に、貸金業が改正され、「総量規制」が施行されましたが、この対象に銀行のカードローンは、この対象ではなく、もちろん、楽天スーパーローンも銀行カードローンなので、総量規制に抵触しません。